酵素ダイエットの公式サイト!

酵素ダイエットの公式サイト!

ベジライフ 比較

 

 


ダイエットや美容に人気の酵素商品。
今やたくさんの酵素商品が販売されています。
良く見かけるタイプとしては、ドリンクタイプと粒タイプです。
どちらもその効能に大きな差はありませんが、ダイエットに適しているのは、ドリンクタイプかと思われます。

 

ドリンクタイプは、一食置き換えダイエットに適しており、カロリーダウンを無理なく行う事で、効率よくダイエットを成功へと導いてくれます。
中でも効果が出やすいと注目「ベジライフ酵素」は、置き換えダイエットに非常に適しています。
黒糖の上品な甘さは、ダイエット中に陥りやすい、甘い物禁断症状を緩和することにも繋がります。
また、どうしても空腹感を抑えられないと言う場合には、炭酸水と割って飲むことで空腹感を抑えることもできます。
従来の酵素商品は、どちらかというと味にクセがあり、飲みにくい商品が多かった中、ベジライフは美味しく飲みやすい酵素ドリンクの草分け的存在として定評があります。

 

また、果物や野菜だけでなく海藻や根菜類なども豊富に含まれておりますので、普段不足しがちな栄養もきちんと摂取できるようになっています。
ダイエットだけでなく、美容や健康にも効果的ですので、老若男女問わず幅広い方々から好評化を得ている酵素商品なのです。

 

定期コースで購入することで、お値段もお得になりますので、長く愛飲できることでしょう。

 

痩せる食事とは

痩せる食事とは

最近では、本だけでなくスマートフォンでもダイエットのレシピを見ることができるようになりました。食事のレシピといっても数多くあり、どれが本当に痩せるのかは実際に作ってみないとわかりません。食の多様化が進んだ現代では、和食よりパスタやパンなどをメインに食べている方が多いのではないでしょうか。手軽に食べられるものが多い洋食ですが、ダイエットにむいているのは和食です。日本人は体質的に和食があっているというのも理由にありますが、洋食はバターや肉など脂肪分が多い食材をよく使います。一方で和食は炭水化物・タンパク質・脂肪などの栄養素のバランスがよく、健康的な魚や昆布などの食材をよく使います。例えば、「豆腐」には脂肪減少効果がある「大豆レシチン」、中性脂肪を減らす「大豆サポニン」、お通じをよくする「大豆オリゴ糖」などが含まれています。また、四季がはっきりしているという特徴を活かして、その季節の旬の食材を取り入れているのも特徴です。
 牛肉や豚肉には飽和脂肪酸という、凝固しやすい脂肪が多く含まれており、血液がドロドロになりますが、魚類には不飽和脂肪酸という中性脂肪を減らす働きがあります。さらに青魚にはDHAやEPAが含まれており、血液をきれいにする、動脈硬化や心筋梗塞を予防する働きがあります。洋食と比較すると、和食がいかに健康的であるかがわかると思います。ですので、出来る限り和食を食べるようにしましょう。

 

このサイトなんかは参考になってかなりオススメですよ!!
http://xn--b9j2eva1455c9ohk8n.asia

 


痩せるレシピ
今回は、「豆腐」を使ったダイエットレシピを紹介したいと思います。
豆腐には脂肪を減らす「大豆レシチン」、中性脂肪を減少させる「大豆サポニン」、筋肉の元である「タンパク質」、血液に含まれる「鉄分」などが含まれており、非常に健康的な食材だと言えます。
早速1品目のレシピを紹介しましょう。『豆腐ステーキ』です。材料は木綿豆腐が300g、ミニトマトが6個、サヤインゲンが6個、アンチョビが2個、にんにくが1かけら、オリーブオイルが小さじ2杯、白ワインが80cc、醤油が小さじ2杯、塩コショウ・小麦粉・水は適量となります。作り方ですが、まずは下ごしらえですが、豆腐の水分をよく切り塩コショウと小麦粉をまぶします。次に、ミニトマトは半分、アンチョビはみじん切り、ニンニクは薄切り、サヤエンドウは好きな大きさに切りゆでておきます。
ここで下ごしらえは終わりです。次が、フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくを炒めて香りをつけます。そして、豆腐を焼いていきます。両面に焦げ目がつくぐらいがいいでしょう。焼き終わったらソース作りですが、アンチョビに白ワイン、醤油をいれ水で加減しながら作ります。最後に盛り付けてソースを付ければ完成です。
 次は『豆腐のチヂミ』です。材料は絹ごし豆腐が200g、白菜キムチが80g、にらが2束、卵が一個、桜えびが5g、小麦粉が80g、ごま油が小さじ1、お酢が小さじ1、醤油が小さじ1となります。作り方ですが、まずはキムチをざく切り、ニラは3~4cmくらいに切りそこに豆腐と卵、桜えび、小麦粉を混ぜ合わせます。これをフライパンで焼いていけば完成です。酢醤油をつけて食べるとより美味しくいただけます。
以上が豆腐を使ったダイエットレシピです。簡単に作れますので、是非1度作ってみてください。

痩せるための食事
痩せるためにはどうすればいいか、皆さん悩んでいるかと思います。様々なダイエット法がありますが、初めてダイエットをするという方にありがちなのが食事量を減らすというのがありますがお勧めできません。疲れやすくなってしまいますし、最低限の栄養素も摂取できないため健康的にダイエットできないからです。ダイエットでは1日3食の食事が効率的だと言われています。1日2食にしてしまうと、食事回数を減らした分、体がエネルギー消費を抑えようとしてしまいます。そのためエネルギーが消費されず、脂肪がたまりやすくなるのです。この方法でダイエットに成功しても、すぐにリバウンドをしてしまうため意味がないのです。
 1日3食といえど、毎食多く食べてはダイエットになりません。3食の食べる量を変えることがダイエットにつながります。朝食と夕食は少なめに、昼食は多く食べるのです。夕食に多く食べてしまうと、消費されなかったエネルギーが脂肪に変わってしまうので控えましょう。また、脂質も控えめにする必要があります。そして、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂取しましょう。現代の食事では、脂質とタンパク質が多い食事である傾向が強いので、残りの栄養素を意識して摂取するようにしましょう。食事はダイエットの基礎となるので、悪い点があれば改善していきましょう。

 

 

痩せる食事の仕方

世の中には太りやすい人もいれば痩せやすい人もます。違いとしては、食事方法の違いがあると思いますが、太りやすい人は食事量が多い傾向にあります。朝にラーメン、昼に牛丼、夕食には焼肉という食事をすれば誰でも太ります。このような食事では脂質や糖質が過剰に摂取されてしまうために、1日に摂取すべきであるカロリーを明らかに超え、消費されないために太るのです。このような食生活を続けてしまうと、同じ量を食べなければ満足できなくなってしまうため、太りやすくなります。
 1日の摂取カロリーは年齢や性別によって変化しますが、一般的には1800〜2200カロリーと言われています。必要最低量は1200カロリーですので、1200カロリーは摂取する必要があります。自分の食事か適切かどうか知るためには、カロリー摂取量を計算する必要があります。今では、ネットで検索してみると、カロリーを計算してくれるサイトがあるので、それを利用するといいでしょう。また、「自分の体重×30〜35カロリー」という計算式を覚えておけば、簡単に適切な摂取カロリーを求めることができます。ですので、求めたカロリー量に応じて食事内容を変えればいいのです。
 カロリー量を知ることも大事ですが、食事のとり方も重要です。ダイエットに適した食事方法があり、それは朝と夜は少なめに、昼はしっかり食べるというものです。夜に摂取したカロリーは消費されないと、脂肪として蓄積されてしまうため、夜に食べる量は少なめにする必要があります。
 自分は摂取するカロリー量を知り、食事方法しっかり決めることで痩せていくのです。

 

痩せる食事と運動
ダイエットを始めたのに、痩せなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ダイエットは簡単なものではなく、しっかりとした運動と食事方法があるので、今回はそれらを紹介します。
 まずは食事ですが、食べなければ痩せるということでもありませんし、逆に髪質や肌が荒れてしまったり、疲れが取れにくくなったり、生理不順になる可能性もあるのでいい事はありません。拒食症のように、全く食べずに痩せていくという痩せ方は望んでないと思います。ダイエットの食事には体に必要な栄養を摂取していくことが大事になります。外食が多く、野菜や果物を全く食べてない人は食事の改善をする必要があります。そういう人は、手料理で野菜や果物をメニューに加えるといいでしょう。また、お通じが良くなるように、食物繊維を豊富に含んでいるきのこ類や寒天を食べることも大事になります。

 


 1番重要なのは、ビタミン・ミネラル・炭水化物・脂質・タンパク質の5大栄養素をバランスよく摂取することです。五穀米や麦ご飯には、白米と比べると食物繊維やミネラルが豊富に含まれているのでオススメです。これらに野菜や海藻を食べると栄養素のバランスが良くなります。外食の時は野菜ジュースを飲むなど工夫をするようにしましょう。
 そして運動ですが、有酸素運動を20分以上することによって脂肪が燃え始めます。縄跳びやジョギングなどがありますが、簡単にできるのはウォーキングです。早歩きで姿勢を良くして歩くといいでしょう。
 ダイエットは地道な努力が必要になりますが、出来る限り楽しんで行うと長くできます。理想の体になるために頑張りましょう。